ニュース一覧に戻る
プレスリリース

クラウドワークス、ファンとつながるスキルのダイレクトECサービスを提供開始 ~誰もが自由にスキルを販売できる「PARK」、先行利用登録受付スタート~

企業と個人をつなぐオンライン人材マッチングプラットフォームを開発・運営する株式会社クラウドワークス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 兼 CEO:吉田 浩一郎 以下「当社」)は、当社の創立10周年にあたる2021年11月11日、スキルのダイレクトECサービス「PARK」の先行利用登録の受付を開始しました、これにより、クラウドワークスはスキルEC市場に本格参入します。

▼PARK 先行利用 登録ページ
https://park.jp

■ スキルEC市場参入の背景

世界中でIT化が加速しており、世の中には情報が溢れかえっています。スキルEC市場も同様に多くのスキルが毎日公開されており、購入者は購入判断のために販売数ランキングや価格など、ECプラットフォーム側が設定する数値化された特定の評価軸を見て商品同士を比較をしています。

しかし、商品の販売数や価格だけではなく、その背景にある思いやストーリーに起因する価値提供が今後の社会には求められると考え、スキルEC市場への参入を決定しました。数値化された評価が先行する市場ではなく、人の個性や思いを伝えることで販売者とファンのコミュニティが生まれる市場を作り出すことを目指します。

■ あなたの思い・ストーリーをもっと届けるスキルECサービス「PARK」

「PARK」では、スキルを提供する出品者の皆様がどういう思いでスキルを習得したのか、なぜレッスンを始めたのか、そのきっかけやこだわりを購入者に届けることをいちばんに考えます。その妨げとなる、これまで一般的に使われてきたカテゴリ分けや販売数ランキングなどは採用していません。既存のカテゴリに縛られることなく誰でも自由に出品することができ、出品者の思いでつながるコミュニティ形成を促すことで、既存のスキルECサービスとの差別化を図ります。

<PARKの特徴>

① スマホでかんたん!あなたのスキルをなんでも今すぐ無料出品
教える、施術する、相談に乗る、さまざまなスキルを自由に出品することができます。予定管理から決済、売上管理まで「PARK」の中で完結し、ページを作ったその日からすぐに販売をスタートできます。

② 購入した人とつながる、ひろがる
メッセージ機能で購入者と簡単にやりとりでき、人と人のつながりを促進します。また、投稿された感想ノートのSNSシェアなどを通じて、ファンがさらに広がる仕組みを提供します。

③ どんな人でも、出品しやすい
手数料は、サービス利用料(3%)+決済手数料(3.5%+40円)。さらに、先行登録いただいた方は当面の間サービス利用料無料。どなたでも気軽に使えるスキルECサービスを目指します。
※先行登録期間:2021年12月31日まで

<ロゴに込めた思い>

「だれもが自由にスキルを販売できる、自分の世界を表現できる場でありたい」そんなPARKの想いをこのロゴは表しています。色とりどりのPARKの文字は、PARKでスキルを販売する出品者の方たちです。それぞれの方が、それぞれの色で、想いで、やり方で、自身のスキルを購入者に届ける。PARの文字が微笑む口のように見えるのは、そうした自由な販売活動を通じて出品者の方に喜んでいただきたい想いからです。PARKの4文字を下支えし、繋げる緑のライン。こちらは公園のイメージである「芝生」のメタファーであり、同時に、PARKという場がいろんな出品者の方の居場所になるという私たちの意志を示しています。まっすぐに伸びる緑のライン、その右端だけエッジが効いているように、PARKは、PARKに参加してくださる出品者の皆さんと共に、未来へと進んでいきたいと考えています。

<ロゴ作成者>

■one happy 代表 アートディレクター 小杉幸一
アートディレクター / クリエイティブディレクター / グラフィックデザイナー

1980年神奈川生。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科。2019年株式会社博報堂を経て、2019年株式会社「onehappy」 を設立。企業、商品のブランディングのために、デザイン思考をベースに、クリエイティブディレクション、アートディレクションを 行う。CIデザイン、VIデザイン、広告デザイン、空間デザイン、プロダクトデザイン、エディトリアルデザイン、パッケージデザイ ン、ウェブデザインなど。グローバル戦略を見据えたアパレル事業のブランディングや、自己ブランド「FLOWORD」開発も積極 的に行う。主な仕事に、SUNTORY「特茶」、中部薬品「Vdrug」<新店舗のブランド戦略、CIデザイン>、資生堂「50 selfies of Lady Gaga」、SUZUKI「HUSTLER」、日本郵便「手紙の部屋」、STARFLYER「輝く人へ、」、日本テレビ「ガキの使いやあらへんで」<タイトルデザイン>、Nature Lab<CIデザイン> などがある。ADC会員、JAGDA会員、TDC会員、JIFE会員、多摩美術大学統合デザイン 学科非常勤講師。
<受賞歴>東京ADC賞、カンヌライオン国際広告祭デザイン部門、JAGDA新人賞、JAGDA賞、D&AD、NY ADC 、ONE SHOW 、ACC賞、JRポスターグランプリ最優秀賞、朝日新聞広告賞、ギャラクシー 賞、ADFES、釜山広告祭、フジサンケイグループ広告大賞優秀賞、インタラクティブデザイ ンアワード、Spikes Asiaなど国内外多数受賞

■デザイン イノベーション ファーム HOPE 代表 クリエイティブディレクター 熊本直樹
映像作家 / モーショングラフィッカー / 連続起業家

1976年岐阜飛騨高山生。多摩美術大学在学中2002年に「EDP graphic works」株式会社を設立。企業ブランディング、コミュニケーションコンテンツ設計およびクリエイティブディレクション、映画、ドラマ、ストーリー作品のタイトルシークエンスを国内外で数多く手掛ける。これまでに担当したストーリー作品数は300を超える。 1996年からデザインを生業とし、現在は通信エンジニアリング、クリエイティブコンサルティング、ファッション、デジタルコマース、ブランドムービープラットフォーム、出身地の飛騨高山にて放送局を設立運営している。代表作は「情熱大陸」「家政夫のミタ」「ノルウェーの森」「家売るオンナ」「3年A組」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」などのオープニング、ブランディングとして「博報堂モーションヴィジュアルアイデンティティの設計」などがある。カンヌ国際広告祭デザイン部門金賞ほか受賞歴多数。盟友アートディレクター齊藤智法と共に2020年「デザインで」株式会社設立。本年開催の銀座gggギャラリー石岡瑛子展では映像デザインディレクションを行う。

■株式会社クラウドワークスについて

クラウドワークスは「個のためのインフラになる」をミッション、「世界で最もたくさんの人に報酬を届ける会社になる」をビジョンとし、日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」をはじめとした企業と個人をつなぐオンライン人材マッチングプラットフォームを開発・運営しています。2021年6月末時点で、当社提供サービスのユーザーは450万人、クライアント数は74万社に達し、内閣府・経産省・外務省など政府12府省を筆頭に、80以上の自治体、行政関連団体にも利用されています。2014年に東証マザーズ上場(証券コード3900)、2015年には経済産業省 第1回「日本ベンチャー大賞」ワークスタイル革新賞および、グッドデザイン・未来づくりデザイン賞を受賞。

会社名:株式会社クラウドワークス
代表者:代表取締役社長CEO 吉田 浩一郎
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー6階
設 立:2011年11月11日
事 業:インターネットサービスの運営
    日本最大のクラウドソーシング「クラウドワークス」
    ハイスキルなフリーランスに自由な働き方を。「クラウドテック」
    優秀なアシスタントがバックオフィス業務を在宅でサポート「ビズアシスタントオンライン」
    副業・兼業のハイクラスマッチングサービス「クラウドリンクス」
    チームの働き方を見える化するクラウド型プロジェクト管理「クラウドログ」
資本金:26億8,856万円※2020年9月末現在
URL:https://crowdworks.co.jp/

【本件に関する問い合わせ先】
※本件に関する報道関係者の方からの問い合わせ先
株式会社クラウドワークス 社長室 広報チーム

E-mail:pr@crowdworks.co.jp